楽譜制作・フォント開発のストーンミュージック公式サイト。楽譜浄書(清書)/編曲/採譜(耳コピ)/音楽データ制作は弊社にお任せください。

楽譜浄書(清書)

楽譜浄書(清書)「浄書」とは、楽譜を読みやすく、美しく仕上げる工程のことを指します。

判子や彫金で出版楽譜が作られていたのはもう昔の話。現在では『Finale』をはじめとする楽譜作成ソフトを使用して版下データを作成するのが当たり前の時代となりました。

「コンピュータでつくるのだから、誰がつくっても同じじゃないの?」と思われがちですが、楽譜を読みやすく、美しく仕上げるには高度な専門知識とそれを実現するテクニック、そして時には臨機応変な判断力が求められます。

浄書は、まさに《音符たちによるカリグラフィー》。実用的な楽譜としてはもちろんですが、まるで《自然と音が湧き上がるような楽譜》を目指して制作しております。

出版譜の制作はもちろん、教則本や理論書に載せる様々なサイズの譜例や「自分のオリジナルの手書き楽譜を綺麗にしてほしい」と言った個人のお客さまからのご依頼も承っております。

原稿

このような手書き楽譜を

美しく仕上げます

お届けまでの流れ

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5820-6767 受付時間:平日(月〜金)9:00 - 18:00

  • twitter

Finenote

Twitter

PAGETOP
Copyright © StoneMusic All Rights Reserved.