【Finale】[拍子記号ツール]で設定した連桁の配分を特定の五線にのみ反映させる方法

みなさん、こんにちは。

今回は、[拍子記号ツール]で設定した連桁の配分を特定の五線にのみ反映させる方法をご紹介します!

[拍子記号ツール]による連桁の設定は、すべての五線に適用されてしまう

[拍子記号ツール]で連桁の配分を設定する方法は前々回の記事にてご紹介した通りですが、この方法はすべての五線に対して適用することになります

例えば、下の譜例中、左小節は上下どちらの五線も「4:4」に、右の小節は「3:3:2」と、8分音符の配分がそれぞれ揃えられてしまっています。

これを例えば、上の五線は「3:3:2」の配分に、下の五線においては「4:4」とするなど、特定の五線(この場合は上の五線)のみ配分の設定を変えるにはどうしたらよいのでしょうか。

[五線の属性]で、拍子記号の設定を個別に適用できるようにする

これを解決するには、特定の五線に拍子記号の設定を個別に適用できるようにすることがポイントです!

まずは、[メイン・ツール・パレット]から[五線ツール]を選択し、連桁の配分を変えたい五線(この場合は、上の五線)をダブルクリックします。

すると、[五線の属性]画面が表示されますので、画面中左下の[独立した設定]の[拍子記号]にチェックを入れ、[OK]をしましょう。

この設定で、上の五線に連桁配分を個別に適用させることができるので、以下の手順で上の連桁配分を変えます。

① [メイン・ツール・パレット]から[拍子記号ツール]を選択する

② 上の五線の任意の箇所をダブルクリックする

③ [拍子記号]画面上部の[混合拍子]から、「3:3:2」の配分を設定する

④ [拍子記号]画面下部の[表示専用に別の拍子記号を使う]にチェックを入れる

⑤ [OK]を選択

前々回の記事に詳細が掲載されています

これで、上の五線は「3:3:2」に、下の五線は「4:4」と、それぞれ分けることができました!


いかがでしたでしょうか。

連桁の配分の変更・設定は、演奏のしやすさやリズムの理解などに大いに役立つものではありますが、みだりに用いるとかえって混乱を招く恐れもあります

バランスよく設定をして、美しい楽譜に仕上げてくださいね!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

Follow me!