第50回 日本吹奏楽指導者クリニック(ジャパンバンドクリニック)に出展しました!

2019年5月17日(金)〜19日(日)にかけて静岡県・アクトシティ浜松にて行われた「第50回 日本吹奏楽指導者クリニック」にストーンミュージックでブース出展をしてきました!

そもそも「日本吹奏楽指導者クリニック」って?

名前の通り、吹奏楽の指導者を対象とした吹奏楽について様々なことを学ぶイベントです。様々な講座が会場の至るところで同時に行われており(「楽器のお手入れ」、「初めてのマーチング」などといった指導者になりたての方向けの講座から、昨今の教育現場事情について取り上げた「『文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン』に基づいた運営法」「小編成バンドの指導」、そしてベテラン指導者にも興味深かったであろう「アメリカ海兵隊バンドによるスーザマーチの演奏法」と非常に内容・習熟度感ともに多岐に渡る講座が開催されていました)受講者はそのなかから自分で好きな講座を選んで受講しにいきます。

こう書くと堅苦しい印象を受けますがそのほか楽器の展示や楽譜の販売、吹奏楽関係各社企業や学校のブースコーナー、それぞれの日の最後にはコンサートが開催されるなどなど言ってみれば「吹奏楽のフェス」さながらのイベントです。会場には指導者の先生方のほか職場・一般バンドで演奏されている方、大学生の方、作編曲家の方などなど様々な立場で吹奏楽に携わられている方々をお見かけしました。

どうしてストーンミュージックがブース出展を?

普段からストーンミュージックについてよくご存知の方は、「なんで吹奏楽のイベントにストーンミュージックが? 弦楽四重奏の楽譜しか出版してないし関係ないでしょ?」と思われるかもしれませんが……(笑)

現在、ストーンミュージックでは吹奏楽の練習をサポートする合奏支援アプリ「アンサンブル・フレンズ」というiOSアプリを開発中しています。

純正律の和音を鳴らせたり変拍子にも対応できるメトロノームを搭載していたりととっても便利なアプリでして、まだまだ開発中ではあるのですがこれの初お披露目!ということでiPadをたくさん担いで弊社もブース出展させていただきました。

たくさんの参加者のみなさんが弊社ブースに立ち寄ってアプリを触ってくださり、好意的な反応をたくさんいただけました! 「早く出してほしい、今すぐにでも練習に使いたい」という声をとくにたくさんいただきましたので、これは頑張って良いものをつくって早くリリースしなければ……という想いでいっぱいになった3日間でした。

前日入りして弊社スタッフたちで食べに行ったさわやかのハンバーグがとても美味しかったです。来年は浜松駅前にもさわやかがオープンするとのことなので、また来年も来れることを祈って!

Follow me!