みなさん、こんにちは。

今回は、コードネームのフォントの変え方をご紹介いたします!

フォントの設定は、[ファイル別オプション]から

[書類]メニューから[ファイル別オプション]を選択しましょう。

[ファイル別オプション]画面が表示されたら、左側のメニューから[フォント]を選択しましょう。

コードネームに関するフォントの設定は、上から4つ目の[コード]から、ルート、サフィックス、変化記号、フレットボードのそれぞれを設定することができます。

フォントサイズも設定できます

よく見ると、サフィックスにはアスタリスクで注釈があります。

なにが書いてあるのかといいますと、サフィックスだけはここで変更をしてもすでに入力済みのものには変更が適用されない、ということです!

……もしかして、サフィックスを含んだコードは最初から全部入力し直し!?……なんてことはありませんのでご安心を!

入力済みのコードネームの変更は[サフィックス・フォントの変更]から

すでに入力されたコードのサフィックスの変更は、以下の手順で実行しましょう。

まず[コード・ツール]を選択し、[コード]メニューから[サフィックス・フォントの変更]を選択しましょう。

ここで表示される[サフィックス・フォントの変更]画面から、入力済みのサフィックスのフォントの変更ができます!

操作としては、画面の上から、変更したいフォントを指定する(フォントの検索)→変更後のフォントを設定する(次のフォントに置き換え)→OKをクリック、という順序で変更をしていきます。

[フォントの検索]は、すべてのフォントのみならず、特定のフォントのみを選択することも可能です!

また、変更するフォントの内容によっては、文字間が崩れてしまう恐れがありますので、[サフィックスの文字間を調整]のチェックを必ず入れておきましょう!


いかがでしたでしょうか。

見やすいコードネームは、ルート・変化記号(臨時記号)・サフィックスのそれぞれが絶妙なバランスによって成り立つものですが、是非試行錯誤してみてくださいね。

それでは、また次回の更新をお楽しみに!