弊社はこれまで様々な楽曲を出版してまいりましたが、どの楽曲にもほぼ必ずといってもよいほど楽譜内に加線が登場し、加線が何本もついているとなんの音か分かりづらいという楽譜の現状に頭を悩ませておりました。

そこでStoneMusicはあらたに、五線の本数を十倍に増やした「五十線楽譜」の使用を全音楽業界へ提唱いたします。

従来の五線譜と比較して線の数が十倍になったことにより、加線を用いる必要がほとんどなくなり大変シンプルな見た目を実現。従来ですとピアノ楽譜を表現するにあたっては右手と左手で2段分必要でしたが、五十線譜では1段のみで充分に表現が可能となりました。

本日2018年4月1日から2018年12月31日までは五十線譜の移行期間として、ストーンミュージックで出版・販売する楽譜すべてのラインナップを五十線譜版/五線譜版の2パターンで販売いたします。

2019年からは五線譜版を絶版とし、五十線譜のみを販売いたします。

今後、この革新的な記譜法を全作編曲家・出版社へと推奨してまいります。

2018年4月1日

株式会社ストーンシステム StoneMusic事業部 従業員一同

 

 

 

※この記事はエイプリルフールネタ記事です。製品化の予定はございません。