みなさん、こんにちは!

今回は、[書類]メニューにある、[編集中のレイヤーのみ表示]機能についてご紹介します!

通常、複声部が入力されると楽譜にはすべてのレイヤーが表示されますが、

この機能をオンにしておくと、

文字通り、「そのとき編集しているレイヤーのみが表示される」のです。

レイヤー1のみが表示されている状態

これだけだと「それがどうした」と思ってしまいがちですが、複声部の入力・編集においては、この機能は作業を非常に楽にしてくれます!

この機能、最大のメリット

この機能は、実は「編集中のレイヤーのみを表示させる」ことよりも、「編集中でないレイヤーを非表示にする」ことに大きな意味があります。

実は、この機能によって非表示になっているレイヤーは、「ほとんどのツール・操作の影響を受けない」のです!以下の2つの実用例を通して、さらに具体的にご説明いたしましょう!

実用例1〜アーティキュレーションを一方のレイヤーにだけ入力する

少し本筋から逸れますが、以前のコラムで「マクロキーによる入力」をご紹介しました。
そこでは主にクリックについて紹介をしていましたが、「マクロキーを押したまま楽譜範囲をドラッグすると、その範囲中の音符にそのマクロキーのもつ情報が入力される」という入力テクニックがあります。

この譜例は、レイヤー2にだけテヌートが記譜されています。

このテヌートの入力も、[アーティキュレーション・ツール]の状態でテヌートのマクロキーである「E」キーをタイプしながら範囲をドラッグすることで入力したのですが、この操作はどのレイヤーにもその効果を発揮してしまい、通常ですとレイヤー1にもテヌートが表示されてしまいます。

[アーティキュレーション・ツール]で「E」キーをタイプしたまま、2小節を囲みました

そこで、[編集中のレイヤーのみを表示させる]機能の出番です!

レイヤー2に表示を選択し、[編集中のレイヤーのみを表示させる]にチェックを入れます。

レイヤー2の四分音符だけが表示されました

この状態で、[アーティキュレーション・ツール]にして「E」キーをタイプしながら2小節をドラッグして範囲選択します。すると、

レイヤー2にテヌートが入力されました。

[編集中のレイヤーのみを表示させる]の機能をオフにしてみましょう。すると、

レイヤー1にはなんの影響も及ぼさずに入力が完了しました!

実用例2〜コピー&ペーストを一方のレイヤーにだけ適用させる

次の譜例をご覧ください。

2小節目のレイヤー2が全休符になっていますが、この状態のまま、1小節目のレイヤー1の楽譜をコピー&ペーストしてみます。しかし、

レイヤー2は全休符のままにしたいのですが……

このように、通常の操作の仕方ではレイヤー2も1小節目のものと同じものになってしまい、全休符が上書きされてしまいます。

こうした「一方のレイヤーにだけ、コピー&ペーストを適用させる」ためにも、[編集中のレイヤーのみを表示させる]機能が有効です!

まず、レイヤー1に表示を選択し、[編集中のレイヤーのみを表示させる]にチェックを入れます。

この状態で1小節目を2小節目にコピー&ペーストします。

[編集中のレイヤーのみを表示させる]の機能をオフにしてみましょう。すると、

レイヤー1にだけコピー&ペーストが適用されました!


いかがでしたでしょうか。

レイヤーごとに編集ができると、複声部の楽譜はとってもスムーズに作業できるようになりますよ!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!