【Sibelius】アウフタクト(弱起)を含む(含まない)反復小節記号を入力する方法

こんにちは、今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」の基本的な機能をご紹介したいと思います。

前回はアウフタクト(弱起)の入力方法をご紹介しました!

さて、今度は反復小節記号を足してみましょう。以下のように反復記号を入力することは簡単ですが…

次のように反復記号を入力するためには特定の操作をする必要があります!

今回はこの、アウフタクト(弱起)を含む(含まない)反復小節記号の入力方法をご紹介したいと思います!

設定した拍子記号とは異なる拍子の小節を作成したい場合は「複数または変則的な小節を追加」で!

早速ご紹介します☆

まずは2拍分の音符が入る小節の手前まで音符を入力します。

1. 音符を入力した最後尾の小節を選択する
2.「ホーム」タブの「小節」から「追加」ボタンの下半分を選択してメニューを表示する
3. 表示されたメニューから「複数または変則的な小節を追加」を選択する
4.「小節の長さ」欄の「変則的」を選択する
5. 音価選択ドロップダウンリストから「2分音符」を選択する

6.「OK」を押して小節を追加する

すると…

見た目上は1小節追加されただけですが気にせずもう一度「複数または変則的な小節を追加」を行います!

今度は音価選択ドロップダウンリストで「4分音符」を選択してOKを押します。

すると…

こちらもやはり見た目上はさらに1小節追加されただけに見えますね!

しかしご安心ください、続いて残りの音符入力に参りましょう!

入力すると…

なんと拍子変更をしていないのに1小節に入る音価が先ほど設定した長さになっているんです!

最後まで入力して改行をととのえると…

あとは反復小節記号を入力するだけですね!

完成です☆

ぜひご活用くださいませ!それではまた☆

Follow me!