【Sibelius】カデンツァなど拍子記号とは違う拍数の小節を入力する方法 その2

こんにちは、今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」の基本的な機能をご紹介したいと思います。

 

前回、カデンツァなど拍子記号とは違う拍数の小節を入力する方法をご紹介しました☆

実は、もっと簡単に入力する方法もあるんです!

 

カデンツァなど拍子記号とは違う拍数の小節を入力するときは「小節の結合」を!

早速ご紹介します!

1. 元の拍子記号のままカデンツァにあたる小節を入力する

2. カデンツァの小節を範囲選択する

  

3.「ホーム」タブの「小節」から「結合」を選択する

4.「小節を結合」ダイアログでOKを押す

そう、実はプラグインなのです。

すると…

できました!

簡単ですね!

こちらの方法の場合、何拍分入力するのかをあらかじめ計算する必要がないので便利です!

ぜひみなさんご活用くださいませ☆

それではまた!

 

Follow me!