【Sibelius】Sibeliusで作成したファイルをMIDIファイルとして保存する方法

こんにちは、今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」の基本的な機能をご紹介したいと思います。

Sibeliusで作成した楽譜ですが、例えばデモ音源を作成する際など、楽譜データとしてではなくMIDIデータとしてシーケンサー上で編集したい時がありませんか?

そんなときもSibeliusは簡単にMIDIデータを書き出す事ができます!

今回はSibeliusで作成した楽譜をMIDIデータとして書き出す方法をご紹介します!

SibeliusファイルをMIDIデータとして書き出すときは「エクスポート」から!

それでは早速ご紹介したいと思います!

1.「ファイル」タブの「エクスポート」を開く

2. エクスポートメニューから「MIDI」を選択する

3. 設定を確認して「エクスポート」を選択する

基本的には初期設定のままで大丈夫です。

Sibelius上のミキサーでミュートしている楽器を書き出したくない場合(特定の楽器のみ書き出したい場合)は「ミュートされた楽器を無視」のチェックボックスにチェックを入れてください。

4. ファイル名と保存先ディレクトリを選択して「保存」する

書き出すMIDIファイルのファイル名と保存先を選択します。

すると…

できました!

あとはお使いのシーケンサで保存したMIDIファイルを読み込むだけです!

簡単なのでぜひご活用くださいませ☆

それではまた!

Follow me!