【Finale】フレット番号を○で囲む方法

みなさん、こんにちは。

今回は、フレット番号を○で囲む方法をご紹介します!

最も簡単な方法は……?

2分音符や全音符など4分音符よりも長い音価をもつ音は、タブ譜上ではフレット番号を丸で囲むことによって記されます。

このフレット番号を囲むための○は、いくつかの方法で作ることが可能です。

今回は、最も簡単な方法である[Libraries]フォルダから図形を読み込む方法をご紹介します!

[ライブラリを開く]

まずは、[ファイル]メニューの[ライブラリを開く]をクリックします。

表示された画面から、[Libraries] ▶︎ [タブ譜用] ▶︎ [丸囲み数字用図形]を選択します。

すると、編集画面の下部にライブラリを読み込んだ旨のテキストが表示されます。

拡大推奨です!

それでは早速、読み込んだ囲み図形を使ってみましょう。

[メイン・ツール・パレット]から[発想記号ツール]を選択し(①)、図形を表示させたい部分をダブルクリックします(②)。

[発想記号の選択]画面が表示されたら、左側のメニューから[その他]を選択します(③)。すると、さきほど読み込んだ、さまざまなサイズの囲み図形がセットされているのが確認できます(④)。

あとは、フレット番号に合わせて、適切なサイズの囲み図形を選択すれば完了です!


いかがでしたでしょうか。

もし、表示されている囲み図形のサイズや形を変えたい場合は、囲み図形のハンドルをダブルクリックし、囲み図形の周りに表示されるピンク色のハンドルをドラッグすることで調整できます!

ピンク色のハンドルが表示される

ただし、形を変えた囲み図形は、別のところで使用されている同じものもその影響を受ける(形やサイズが変更される)ので、ご注意を!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

Follow me!