【Finale】4/4拍子における8分音符の連桁の配分を、「3:3:2」など、不均等なリズムに変更する方法

みなさん、こんにちは。

今回は、4/4拍子における8分音符の連桁の配分を、「3:3:2」など、不均等なリズムに変更する方法についてご紹介いたします。

こういうリズムパターンを見たことある人も多いのでは……?

以下の譜例をご覧ください。

ハーモニーの移り変わりが可視化しやすい

4/4拍子ではありますが、8分音符の連桁が「3:3:2」の配分となっています。1小節程度であれば手動でも変更できますが、まとめて変更するにはどのようにしたらよいのでしょうか。

[混合拍子]をうまく使いこなそう

まずは通常の状態で音符を入力しておきます。

次に、[拍子記号ツール]を選択し、先頭小節をダブルクリックします。

[拍子記号]画面が表示されたら、[混合拍子]をクリックします。

すると、[混合拍子記号]画面が表示されます。

ここではその名の通り、混合拍子の設定を行うことのできるのですが、一方、小節内における連桁の配分の設定も行うことができます。

以下のように、[1小節内の拍数]に[3+3+2]と、その下の[拍の音符の種類]を[8]と入力します(画像中、四角部分)。

隠れてしまっていますが、[1小節内の拍数]に[3+3+2]と入力しています

プレビュー画面にも変更後の連桁が表示されています(画像中、丸部分)。

[OK]をして、再び[拍子記号]画面に戻ったら、今度は画面中右上の[選択項目を増やす]をクリックします(画像中では、[選択項目を減らす]になっています)。

画面下部分に増えた[表示専用に別の拍子記号を使う]にチェックを入れ、4/4拍子となるように入力しましょう。

諸々の設定が済んだら[OK]をします。

連桁が変更され、これ以降に入力する音符も設定した配分の[3:3:2]として連桁がつながれます


いかがでしたでしょうか。

[混合拍子記号]の[1小節内の拍数]部分ですが、入力する数値を一つだけにしてしまいがちですが、これではうまくいきませんので、注意しましょう!

こうならないように注意!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

Follow me!