【Finale】歌詞にあわせて連桁を切り離す方法

みなさん、こんにちは。

今回は、歌詞にあわせて連桁を切り離す方法についてご紹介します!

歌詞独特の記譜法?

一般的に、歌詞が付いた音符同士は連桁で結ばない(逆に、音引き線のついた音符同士は連桁で結ぶ)という記譜法を採ることがあります。

一つ一つ手動で調整することもできますが、やはり一括で連桁を切り離すことができると楽ですよね!

そんなときは、以下の方法で解決です!

[ユーティリティ]で一括処理!

まずは必要な情報を入力し、連桁の変更・修正を行いたい範囲を選択状態にしておきます。

次に、[ユーティリティ]メニューより、[連桁の再連結]から[歌詞に従って再連結]を選択します。

連桁を分断するために[連桁の再連結]を選択するのは、いささかややこしいところですが……。

表示された[歌詞に従って再連結]画面から、連桁の変更・修正を行う歌詞を選択します。

例として、[すべての歌詞]を選択して、[OK]をしてみましょう。

すると、選択した範囲の歌詞の連桁が切り離されました!

また、音引き線が引かれた音符同士は連桁で結ばれたままになっているのも嬉しいですね!(画像中、丸部分)


いかがでしたでしょうか。

なお、音引き線ではなく長音符が用いられているときは、Finaleに歌詞として認識されてしまい、結果として連桁が分断されてしまうので注意しましょう!

長音符では、他の歌詞同様に連桁も分断されてしまう

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

Follow me!