【Finale】1、2番と3番の反復記号括弧を作る方法

みなさん、こんにちは。

今回は、1、2番と3番の反復記号括弧を作る方法をご紹介します!

[反復記号ツール]の設定を使いこなしましょう

通常の方法に一手間かけることで、これを実現させることができます!

まずは、通常通りに反復記号括弧を作りましょう。

[反復記号ツール]を選択し、1, 2番括弧にする部分を範囲選択して、その小節部分を右クリックします。表示されるメニューより[反復小節線(1、2番括弧付き)の作成]を選択します。

すると、1、2番括弧が作成されます。

選択した範囲部分が1番括弧になる

続いて、1番括弧の数字部分のハンドルをダブルクリックします。すると、[反復記号括弧の編集]という画面が表示されるので、[括弧内の数字]に「1,2」と半角入力します。

[反復記号ツール]を解除してしまうと、ハンドルが表示されないので注意

同じように、2番括弧の数字部分のハンドルをダブルクリックし、表示される画面の[括弧内の数字]部分を「3」と半角入力します。

[括弧内の数字]は半角で入力しましょう

これで、1、2番括弧と3番括弧を作ることができました!

プレイバックにも繰り返しの回数を反映させたいときは

反復小節線のある小節にかかる括弧の、いずれかのハンドルをダブルクリックします。すると、[反復小節線の機能設定]という画面が表示されます。[動作]部分で[この小節を「3」回演奏する]と設定し、[OK]をします。

これで、プレイバックにおいても数字の通りに反復がなされます。


いかがでしたでしょうか。

反復記号括弧の設定は、非常に柔軟な設定も可能ですので、是非色々試してみてくださいね!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!

Follow me!