【Sibelius】NotePerformer 3 for Sibelius の使い方(設定編)

先日Sibelisu用オーケストラ音源 NotePerformer for Sibeliusが3にアップデートしましたね!

NotePerformer 3: Artificial Intelligence-based Playback of Musical Notation

こちらの音源は以前2回に渡って紹介させていただきましたが(前編後編)オーケストラ編成の楽譜のプレイバック音源として優れた再生・表現能力を持った音源なのです!

バージョン2まではSibelius(6以降)専用のプレイバック音源でしたが、今回のアップデートによりなんとfinale(2014以降)とDORICO(2以降)にもベータ版ながら対応とのことで、Sibeliusユーザー以外の方も使用できる音源となりました!

NotePerformerの魅力を、あらためて少しづつご紹介させていただければと思います。

SibeliusでNotePerformerを使用する際に必要な設定

今回はまずNotePerformerを鳴らしてみましょう、ということで、必要な設定を順にご紹介したいと思います(User’s Guideにも記載されています)。

1.「再生」→「セットアップ」→「設定」でNotePerformerを選択

まずは他の音源を選択するときと同様に、再生音源としてNotePerformerを選択します。

……これだけでいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、(他の音源はこれだけでいいのですが)NotePerformerの場合は他にも設定を確認しないと音源が持つポテンシャルをフルに活かすことができません。NotePerformerをすでにお持ちで、しかし再生音源としていまいちピンと来ていらっしゃらない方は、もしかすると以下の設定がもれているかもしれないので、一度確認してみるといいかもしれません。

2.「ホーム」→「プラグイン」→「Reset Mixer for NotePerformer」を選択してミキサーの設定をNotePerformer向けの設定にリセットする

NotePerformerは各楽器のバランスを考えたミキサー設定を持っているので、現在のミキサー設定をNotePerformer向けの設定にリセットします。NotePerformer 2まではこのプラグインが存在しなかったのですが、ここで言うミキサー設定とはつまりすべてのパートのボリューム設定を均等(デフォルトの95)にすることを意味します。ミキサーのボリュームフェーダーをダブルクリックすることでも各パートのボリューム設定をデフォルトである95に戻すことが可能です。

※注意点

Sibeliusの設定によっては音源(以下の緑の部分)のボリューム設定にばらつきがあることがあります(一番左の緑のボリュームだけ低いことがある)。その場合はボリュームフェーダーをダブルクリックして、すべての音源のボリュームを揃えてください。(ここでいう「すべての音源」にはそれぞれ16パート分づつNotePerformerが割り当てられるため、各パートの音量が揃っていても、こちらにばらつきがあるとバランスが取れません)

緑の部分のすべてを同一のボリュームにする(各パートはリセット前の状態です)

3.「再生」→「解釈」→「パフォーマンス」のスタイルからエスプレッシーボ設定を「メカニコ」に下げる

NotePerformerでダイナミクスを正確に再生するにはエスプレッシーボ設定を「メカニコ」にしてください。エスプレッシーボ設定がメカニコ以外のとき、設定の程度に応じてSibelius側が再生時にダイナミクスを付けるので、Noteperformerが解釈したダイナミクスが正確に再生されません。

(Opt)「再生」→「ライブプレイバック」をオフにする

こちらはNotePerformer2まではその設定の必要があったのですが、NotePerformer3ではUser’s Guideで言及がないため、必要がない設定かもしれません。念のためご紹介します。

ライブプレイバックの設定がされていると、場合によりその設定が発想記号で指定したダイナミクスよりも優先されます。そうすると3.でご紹介したようにNotePerformerが解釈するダイナミクスを厳密に再生できなくなるので「ライブプレイバック」はオフにしてください。(もっとも、MIDIリアルタイム録音により音符を入力していない場合には関係のない設定かと思います)

 

こちらの設定をした上で、試しにいずれかの楽譜を再生させてみて、その音源の効果を実感していただければと思います!

次回は、NotePerformerでの再生をより活かすためのオススメの設定や方法などをご紹介できれば幸いです☆

それではまた!

Follow me!