【Sibelius】発想記号が小節線と重なってしまうときは、インスペクターの[背景を消去]!

こんにちは、今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」の機能をご紹介する本コーナーですが

先日Finaleのコラムでご紹介した、【Finale】発想記号が小節線と重なってしまうときは、発想記号の[背景を隠す]!

好評いただいておりまして、今回はSibeliusでのやり方もご紹介したいと思います。

小節幅がせまいと重なることがあると思います

Sibeliusの場合は以下のようにします。

 

1. 入力した発想記号を右クリックして表示されるメニューからインスペクターを選択します。

 

2. インスペクターのメニューから、「背景を消去」にチェックをいれます。

 

こうすることで選択したテキストの背景が白く塗りつぶされるようになります。

あれ、文字が赤いままだし枠が赤く縁取られているのでは?と思かもしれませんがご安心ください。

これはSibelius上での表示として色付けされているだけなので、印刷時には以下のように正しく表示されます。

 

この方法はテクニックテキストなど他のテキストでも設定できますし、インスペクターは他にも便利な機能がたくさんありますので、是非活用してくださいね☆

それでは、また!

Follow me!