みなさん、こんにちは。

今回は、スラッシュ表記についてご紹介いたします!

スラッシュ表記とは

スラッシュ表記は、「繰り返し同じ和音を弾くとき」や、

「アドリブ・ソロなどにおいて、演奏者に演奏範囲の拍数を示すとき」などに用いられます。

いずれも、ポップスの楽譜ではお馴染みの表記ですが、Finaleにおいては前者を「リズム表記」、後者を「スラッシュ表記」とそれぞれ区別しています。

どちらも[五線ツール]の[楽譜スタイル]を変更することによって、簡単にその表記にすることができるんですよ!

リズム表記の仕方

さて、まずは前者の「リズム表記」の方法についてです。

通常の音符と必要な情報(コードなど)を五線に入力し、リズム表記にしたい範囲を選択します。

次に、[五線ツール]に切り替え、選択した範囲部分で右クリックをし、表示されるメニューから[リズム表記]を選択します。

これで、完了です!

スラッシュ表記の仕方

スラッシュ表記においても、手順としてはほとんど一緒で、右クリックで表示されるメニューから[スラッシュ表記]を選択するだけです!

そのほかにも、マクロキーを用いた方法もありますが、それについては過去のコラム記事で取り上げているので、こちらの記事をご参照ください!

ちなみに、[スラッシュ表記]は音符が入力されていない空五線においても、そのときの拍子に応じてスラッシュが表示されます。


いかがでしたでしょうか。

[スラッシュ表記]は、符頭の変更でも表示させることが可能ではありますが、今回ご紹介した[五線ツール]の方法が最も簡単ですよ!

それでは、また次回の更新をお楽しみに!