【Sibelius】基本的なレイアウトの方法 〜その1〜 譜表の改行・譜表1段あたりの小節数の固定方法

こんにちは、今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」の基本的な機能をご紹介したいと思います。

Sibeliusでは音符を入力すると自動的に適切な位置で譜表が改行されます。

このように…

音符入力によって…

音符がぶつからないように譜表が折り返されます

ただ、この状態では入力した音符により適宜譜表の改行位置が変わってしまうので、レイアウトを整える際に困ってしまいますよね。

そんなときは「大譜表の改行」を用いることで譜表の折返しを設定することができます!

譜表の折返し位置の指定は「大譜表の改行」から!

大譜表の改行方法はとても簡単です。折り返したい位置の小節線を選択してから Enter(return)キーを押すだけ!

小節線を選択してEnter(return)キーを押すと…

できました!

赤丸で囲ったマークが、その位置に改行が設定されていることを表します

しかしながら、この状態で例えば1段目のレイアウトがもっと狭くなると、Sibeliusは自動的にその位置でも譜表を折り返してくれるんです。

   ただ、多少音符同士の間隔がきつくなっても1段に収めたい時があると思います。

1小節目と2小節目を1段にまとめたい

そんなときは「1段にまとめる」という設定をすることにより、1段あたりの小節数を固定することができます!

譜表1段あたりの小節数を固定するときは「1段にまとめる」を!

1段にまとめるときは改行を指定していない状態で大丈夫です(1段にまとめる設定をすると、自動的に改行も挿入されます)。

1. まとめたい小節を範囲選択する

2.「レイアウト」タブの「フォーマット」から「一段にまとめる」を選択

すると…

できました!

この状態であれば、小節内の内容にかかわらず必ず1小節目と2小節目は同じ段にまとめて表示されます。

赤丸で囲ったマークが「一段にまとめる」が設定されていることを表します

今回は改行の基本をおさらいしました!その他にもまだまだありますので、また次回にご紹介します!

それではまた☆





Follow me!