【Sibelius】初心者向け!Sibeliusで楽譜作成 その13 譜表テキストと大譜表テキスト

こんにちは!今日も楽譜作成ソフトウェア「Sibelius」初心者の方向けに、使い方をご紹介したいと思います。

 

前回テキストのスタイルについてご紹介しました☆

スタイルはたくさんあるのですが、いずれのスタイルも大きく2種類に区分することができます!

それは何かというと、例えば複数のパートがある楽譜の場合を考えたときに「テンポ」「メトロノーム」テキストはパートによらず共通ですね。しかし強弱記号などはそのパートに対して個別に割り当てていきます。

そうなんです、「パートによらず楽譜に対して割り当てるテキスト」「各パートに対して個別に割り当てるテキスト」の2種類に区分することができるんです!

それをSibeliusでは「大譜表テキスト」「譜表テキスト」と言います!

大譜表テキスト

・ページに対して割り当てるもの

「ページ番号」「ヘッダ」「フッタ」など

 

・譜表によらず、小節に対して割り当てるもの

「タイトル」「作曲者」「テンポ」「メトロノーム」「リハーサルマーク」など

譜表テキスト

・音符・休符に対して割り当てるもの

「テクニック」「発想記号」など

いかがでしたでしょうか?テキスト入力は

「スタイル」「大譜表テキスト/譜表テキスト」

をおさえればバッチリです☆

それではまた!

Follow me!